こどもの視力|富久クロス眼科|新宿区の眼科 緑内障外来 花粉症 女医

こどもの視力

こどもの視力

こどもの視力

一般の眼科とは少し役割が異なります。
大人がかかる眼科では、目の疾患そのものの治療が主となってきますが、子どもさんは、まだ目の仕組みが完全には発達していない状態での治療となり、したがって大きくなってから正常な目の働きができるようにする、という観点が加わってくるのです。
子どもの視力は、だいたい10歳くらいまで発達しますので、それまでに子どもの目の状態をしっかりチェックして、視力を伸ばすことが将来の「目」および「視力」にとって大切になります。
近視は日本人で発症頻度が高く、強度近視になると視機能が障害されると報告されています。
学童期における近視の進行防止は、生涯にわたる視機能維持の点でも有用です。

一度眼科でしっかり検査を

子どもさんの目の障害は外見からはわかりにくいため、見過ごされやすく、なかなか気づきにくいものです。
個人差はありますが、3歳くらいになれば、ある程度検査ができるようになります。
視力が測れるようになったら、目の働き具合を確認するためにも、一度眼科でしっかり検査を受けることをお勧めいたします。

こんな様子に気づいたら受診しましょう

  • 物を見る時に、いつも頭を傾けるようにする
  • 以前よりもテレビを近づいて観るようになった
  • よく見える方の片目を手で隠すと払おうとする
  • 目を細めるようにする機会が増えたように思える
  • 目がちょっと寄っているように見える
  • 絵本を読んでもすぐに飽きてやめてしまう、
  • 日中、外に出ると目を細めてまぶしそうする など

当院の近視治療

当院の近視治療にはマイオピン(アトロピン0.01%)点眼薬オルソケラトロジー(特殊なコンタクトレンズ)があります。両者の併用も可能です。

2018年7月、1年間の追跡期間での40症例の中間報告として、オルソケラトロジーとアトロピン0.01%点眼液の組み合わせは、近視の小児におけるオルソケラトロジー単独療法よりも軸方向の伸びを遅くする上でより効果的、つまり近視抑制に効果的であった報告のPubMedへの搭載がありました。

参考URL

マイオピン(アトロピン0.01%)点眼薬
オルソためそ