メニュー

アトロピン0.01%点眼薬(マイオピン)近視進行抑制

近視の進行抑制が大切なこと。(眼軸長の進展の抑制)

  • 子供の近視の割合が非常に増えています。
  • 子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。
  • 一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません
  • 近視が進行して強度近視になると、眼軸長が伸びて網膜が引き伸ばされてしまうため、網膜剥離、緑内障、近視性黄斑変性などの重篤な視力障害や失明の危険性を増大させます。
  • 子供の近視は、年齢が低いほど進行が速いので、近視が低年齢で発症すると、強度近視になるリスクが増加します。

眼断面図

  • 小さい頃からの近視進行抑制治療の重要性が注目されるようになっています。

子供の視力 近視治療(本HP内)

屋外活動時間

  •   そして、1日2時間の屋外活動が近視進行抑制に有効なことがわかってきました。両親とも近視でも、近くでの近業作業時間が長くなっても、リスクは低下できるのです。

  「明るさ1000ルクス以上の光を週11時間以上浴びた子どもは、近視になりにくいことが分かったのです。」

  「台湾では法律を改正。体育の授業を週150分、屋外で行うことを義務づけ、そのほかの授業なども屋外での実施を推奨。1000ルクス、1日2時間を目標に掲げたのです。」

  「オーストラリアでは、子どもたちは昼食を外で食べなければなりません。」(NHK クローズアップ現代近視の常識が変わる)

  

 

 アトロピン0.01%点眼薬が選ばれる理由とは?

  •  近視予防になる屋外活動の時間が子供に十分に取れなくても、対策がないわけではありません。
  •  低濃度アトロピンは、タワーマンションの多いシンガポール発の点眼薬です。
  •  シンガポールには、低濃度アトロピン点眼による近視進行予防の良好な結果の報告があります。
  •  アトロピン0.01%点眼薬は、最適な超低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、近視の進行スピードを効果的に抑える可能性と同時にアトロピン1%点眼薬のような不快な副作用(まぶしさと強い光による不快感や目の痛み 近くの物がぼやけて見える など)を回避します。
  •  近視進行抑制ですから、視力が回復するのではありません、抑制は、近視の進行を完全に止めるのではありません。
  •   国内においてはアトロピン0.01%の近視進行抑制は、薬機法の承認は得ていません。

myopin03

 アトロピンは治療や検査で通常使われている1%のままでは、中止後に激しいリバウンドが起きて近視が進行してしまいます。そこで、

・アトロピンの3つの低用量の有効性と副作用を比較:0.5%、0.1%、および0.01%。

アトロピン0.01%は、アトロピンと比較して0.1%および0.5%の副作用が最小限であり、近視の進行を抑制するのに匹敵する有効性を保持 (シンガポール国立眼科センター)

Chia A, Chua WH, Cheung YB, Wong WL, Lingham A, Fong A, Tan D. Atropine for the treatment of childhood myopia: safety and efficacy of 0.5%, 0.1%, and 0.01% doses (Atropine for the Treatment of Myopia 2)

(小児近視治療用アトロピンについて、アトロピン0.5%、0.1%、及び0.01%を点眼した場合の安全性及び効能(近視進行度2の治療にアトロピン)). Ophthalmology. 2012 Feb; 119 (2) : 357 ‒ 54. 

5年以上にわたり、アトロピン0.01%点眼剤は、より高用量のアトロピンと比較して視力の副作用が少なく、近視の進行を遅らせるのにより効果的(シンガポール国立眼科センター)

Five-Year Clinical Trial on Atropine for the Treatment of Myopia 2 Myopia Control with Atropine 0.01% Eyedrops

(デザイン 無作為二重盲検臨床試験。参加者 合計400人の子供が2:2:1の比率で両眼に1日1回0.5%、0.1%、または0.01%のアトロピン)

オルソケラトロジーとアトロピン0.01%点眼液の併用

  •  日本でも、「オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼の眼軸伸長抑制の相加効果について検討する2年間の前向き臨床研究が完了.」

        「オルソケラトロジーと0.01%アトロピン点眼の併用による眼軸伸長抑制の相加効果は、特に弱度近視の1年目において認めました。

   弱度近視においては、オルソケラトロジーの抑制効果が比較的弱く、0.01%アトロピン点眼の併用治療は効果的でした。

  一方、中等度近視においては、オルソケラトロジーの抑制効果が充分に強く、0.01%アトロピン点眼の併用治療と同等でした。」

    木下 望(自治医科大学附属さいたま医療センター) 2019年10月25日(金)第73回日本臨床眼科学会 一般講演34.『学童近視と抑制法』

 

副作用

A シンガポール国立眼科センター(SNEC)のマイオピン(アトロピン0.01%)点眼薬を2年間継続した研究結果の安全性については、以下の報告がありました。
1. アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。
2. 眼圧に影響を与えないとの報告でした。
3. 白内障を形成するとの報告はありませんでした。
4. 点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした。
5.電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

 

B 日本でも、6~12歳までの学童16名に0.01%のアトロピンを就寝前に2週間点眼させ全身・眼局所の副作用を調査した結果.重篤な全身・眼局所の副作用は認められなかったとする東京医科歯科大学、久喜総合病院の報告があります。

「低濃度アトロピン点眼の副作用は軽微で実生活に影響を与える程度ではなく,継続使用は可能と考えられた.」(日眼会誌119:812-816, 2015)

この薬の本来の作用により、一時的に瞳孔(黒目)が大きくなりまぶしく感じますが、数時間で元に戻ります.

※ 重大なリスクが明らかになっていない可能性があります。10年間以上の長期使用の安全性の確実なエビデンスの発表があるのではありません。

確立された標準的治療期間はありません。

低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼に関する報告は12歳までを対象にしたものです。

  • 日中の光のまぶしさに影響を及ぼさないため、サングラスもほぼ不要です。
  • 目の遠近調節機能(手元を見る作業)に殆ど影響を与えません。よって近見視力の低下にあまり影響を与えず、近用の眼鏡も不要と言われております。
  • 毎日必す就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法になります。
  • 各容器(1本・5ml)は両眼用に1ヶ月間の使い切りになっております。
  • 本製品はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。
  • マイオピン(アトロピン0.01%)点眼薬の処方は、最初は1か月分ですが、1か月後は一度に3か月分3本処方で、検査も3か月ごとの定期検査にする予定です。

アトロピンの作用機序

 アトロピンで近視進行抑制される機序は明らかになっていません

 費用

 初診の費用はお薬代3,000円(税抜き)・検査費1,000円(税抜き)。

処方の流れ

STEP 1 検査と診察
お子様の視力や目の状態などを検査・診察します。

STEP 2 処方
診療後、ご希望があればマイオピン(アトロピン0.01%)点眼薬を処方します。

STEP 3 1か月に一度の処方(来院)
処方後は、毎月一度は目薬の処方を行いますので、受け取りにご来院ください。

STEP 4 1~3か月毎の検査と診察
処方後は1~3か月毎に検査、診察のため受診いただくことをお勧めいたします。

  • お問い合わせ先 03-3351-1131

 マイオピンの特徴 近視進行抑制が大切な理由、マイオピンが選ばれる理由とは? マイオピンは安全ですか?

 マイオピンパンフレット_

 子供の視力 近視治療(本HP内)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME