メニュー

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは、

2,   年間約 3,000 人が失明

3,   検査で発見できます。

4,   糖尿病網膜症の検査

5,   糖尿病網膜症は三段階で進行

6,   糖尿病黄斑浮腫

7,    糖尿病網膜症の治療

網膜などに障害が生じてくる疾患で、光も分からなくなる状態になる危険があります。

diabetes

糖尿病には三大合併症があり、神経障害、腎症と並ぶ糖尿病網膜症は失明の危険のある疾患です。

失明とは、光も分からなくなる状態のことです。

糖尿病になると、細い血管が詰まり血流が妨げられます。網膜には、無数の細い血管があります。なので、網膜の血管が詰まり血流が妨げられる、糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)が、眼科での重大な合併症になります。

日本では約 300 万人が網膜症を発症 日本では糖尿病網膜症が原因で年間約 3,000 人が失明しています。

「■国内で約 300 万人が網膜症を発症

 厚生労働省糖尿病調査研究班による合併症調査(平成2年)によると、50~60歳代の糖 尿病患者のうち、38.3%の割合で網膜症を合併していることが報告されています。 現在、糖尿病患者は約 740 万人であることから、50~60 歳代の約 300 万人が網膜症を 発症していることになります。

■糖尿病網膜症が原因で年間約 3,000 人が失明

 日本における身体障害者手帳(視覚障害)発行は約 40 万人に及び、新規発行患者は年 間約 2 万人います(厚生労働省 身体障害者手帳発行状況より)。そのうち糖尿病網膜症 を原因とした失明者は、約 3,000 人とも言われています(平成 3 年中江らの調査より)。」出典(日本眼科医会 平成 17 年 9 月 15 日 )

 

自覚症状ではわからない失明の危険を、眼科を受診すれば、検査で発見することができます。

糖尿病網膜症は重症になって、増殖糖尿病網膜症などにならないと視力低下にまずならないため、手遅れになることがあります。

しかし、自覚症状のない段階で診断を受け、治療を始めれば、失明を防ぐことができます。とくに、糖尿病と診断されたら、早めの眼科受診がおすすめです。「異常がない」ことがあっても、その後症状が現れることがありますから、定期的な眼科受診が重要です。

アメリカ糖尿病学会(2017)によれば、糖尿病網膜症による失明を早期発見・治療により最高98%防ぐことができます。

 「糖尿病患者にとって、視力を脅かす網膜症の早期発見と治療による定期的なフォローアップは、糖尿病性網膜症による視覚の損失の最高98%の予防を可能にします」For patients with diabetes, regular follow-up with early detection and treatment of vision-threatening retinopathy enables the prevention of up to 98% of visual loss due to diabetic retinopathy アメリカ糖尿病学会による意見書Table 3(英文)

 

Blausen 社のわかりやすい糖尿病網膜症のアニメーションCG( 日本語 01:05)

糖尿病網膜症の検査

眼底検査によって網膜の状態を調べたり、OCT光干渉断層計(眼底に近赤外線を当て、その反射波を解析して、網膜の断層像を描出する装置)によって目の中の状態を調べたりします。

OCTは、造影剤を使わず、短時間で検査ができる負担が少ない検査で、緑内障や加齢黄斑変性などでも行う検査です。

光干渉断層計検査(OCT) 加齢黄斑変性の場合。(滋賀医科大学眼科 大路正人教授提供) 出典 日本眼科学会 目の病気

光干渉断層計検査(OCT) 加齢黄斑変性の場合。(滋賀医科大学眼科 大路正人教授提供)
出典 日本眼科学会 目の病気

   

糖尿病網膜症は三段階で進行します。コントロールによる発症予防や進行遅延の可能性があります。

糖尿病網膜症の病期は、「単純」「増殖前」「増殖」があります。視力低下を引き起こす「糖尿病黄斑浮腫」はすべての病期で起こることがあります。

単純 糖尿病網膜症(初期)

最初のうちは、高血糖により毛細血管が弱くなり、毛細血管瘤(血管の小さなこぶ)ができ、点状の赤色病変として見えます。

そのうちに、それが破れると、点状の小さな眼底出血があったり、血液からのタンパク質や脂質の沈着によりシミ(白斑)が見られます。

自覚症状、視力への影響はありません。

血糖コントロールが必要です。約3ヶ月に1回程度の定期的な経過観察が必要です。

増殖前 糖尿病網膜症(中期)

網膜血管障害が進行して血管の詰まりやシミが多くなり、毛細血管床が閉塞もしくは消失します。新生血管が出てくる前段階です。

血液成分が染み出して網膜に浮腫ができたりします。浮腫が黄斑部に及んで、視力低下の自覚症状があることもあります。

放置すると増殖網膜症に進行しやすいため、この段階で患者の失明リスクを低下させる必要があります。

新生血管の発生を止めるために、網膜の血流が詰まって途絶えた部分を焼き固めるレーザー光凝固療法があります。

1ヶ月に1回程度の受診を要します。

増殖 糖尿病網膜症(後期)

毛細血管床の消失により虚血に陥った網膜からは、血管内皮増殖因子(VEGF)が産生され、新生血管(脆弱な血管)が発生し、眼内に広く出血する硝子体出血になります。

その周囲に伴った増殖膜が縮むと、網膜がしわくちゃになったり、ひっぱられて網膜が剥がれる牽引性網膜剥離の原因になります。

また、虹彩や隅角に新生血管が生じてしまう難治な血管新生緑内障など、さまざまな状態が引き起こされます。

これらの合併症は失明原因です。

硝子体出血のイメージ  出典 日本眼科学会 目の病気

硝子体出血のイメージ
 出典 日本眼科学会 目の病気

 

牽引性網膜剥離のイメージ 出典 日本眼科学会 目の病気

牽引性網膜剥離のイメージ
出典 日本眼科学会 目の病気

治療としては、血糖コントロールはもちろん必要ですが、新生血管を壊すレーザー治療、新生血管が破れて出血するなど進行を阻止できない場合は、硝子体手術が必要になります。

 これらの三段階の進行スピードには個人差があります。50歳以下は進行が速いとされていますので注意を要します。血糖値を正常値に近づけることを目標とした血糖コントロールが、発症予防や進行遅延になる可能性があります。

糖尿病黄斑浮腫

網膜の中の視力に関して重要な部分である黄斑部に、血液成分が染み出てむくみが生じた状態です。OCTで黄斑部の網膜が厚くなっていることを客観的に確認できます。
黄斑部にむくみが出てくると、急に視力が低下することがあります。
レーザー治療、注射による薬物治療、硝子体手術などを行います。

「糖尿病網膜症」治療は血糖コントロールが基本(NHK健康チャンネル 杏林大学 平形 明人 教授)

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME