ドライアイ|富久クロス眼科|新宿区の眼科 緑内障外来 花粉症 女医

ドライアイ

ドライアイは疲れ目の原因

ドライアイ

昨今、パソコンやスマートフォンなどの携帯端末の利用により目をよく使う機会が増えています。それに伴い、日常的に目が疲れやすかったり、目が重い、あるいは何となく目に不快感を覚えるという人が急増しています。

目に嫌な感じがあり、気になりだすと、仕事だけでなく日常生活にも不便を感じますし、頭の痛みや肩のこり、気分の悪さ(嘔吐感)などの症状に悩まされたりすることもあります。

こうした疲れ目の原因で、このところクローズアップされているのが「ドライアイ」(目の乾き)という症状です。

目が疲れやすいと感じている方の原因には、過度に目を使ったためばかりでなく、ドライアイが関係している可能性が考えられます。

眼球の表面を潤す力が低下した状態

ドライアイとは、本来目を保護するはずの涙の量が少なくなったり、あるいは量は十分に足りていても質が下がったりする場合があり、眼球の表面を潤し、保護する力が低下した状態です。

そのため、目の表面にたくさんの小さな傷がつくこともあります。
その場合、目に入ってきた異物(細菌や花粉など)を涙ですみやかに洗い流すことができなくなり、感染症やアレルギーなどによる炎症を招きやすくなります。

目が疲れやすい、目が乾く、物が霞んで見える、目がゴロゴロする、などのちょっとした不快感は、早めの診断と治療によって改善することが多いので、ご相談ください。

こんな症状が気になりませんか

  • 疲れ目に困っている
  • 目ヤニが増えた
  • 目を動かすと違和感がある
  • 目が重たく感じる
  • 目が乾燥したように感じる
  • 目に不快感を覚える
  • 目が痛む
  • 思わずこすりたくなるほど目のかゆみがある
  • わけもなく涙が出てしまう
  • 見る物がぼんやりと霞んだように見える
  • 光がひどくまぶしい
  • 目が赤く充血する

※上記12項目のうち「5個以上」が当てはまるようなら、ドライアイの可能性があります。

治療について

症状に合わせた点眼治療が主体ですが、重症の場合は涙点プラグ治療を行います。