飛蚊症|富久クロス眼科|新宿区の眼科 緑内障外来 花粉症 女医

飛蚊症

飛蚊症とは

飛蚊症

物を見ている時に、黒い点や虫のようなものが飛んで見える状態です。
多くの場合、加齢によりますが近視のある方は若い方でも生じることがあります。
光視症(視野の耳側を光が走る)の症状を伴うこともあります。

飛蚊症の原因について

飛蚊症には、生理的なもの、および病的なものの2種類があります。
生理的なものは、主に老化などが原因となって眼の中の硝子体に濁りが生じ、その濁りの影が網膜に映った像です。
病的なものは、網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血などが起きている場合です。
網膜裂孔は、網膜の一部分に穴があくことで、場合によってはその穴から水分が入り込み網膜剥離に進展することがあります。
飛蚊症を感じたら、それが病的なものでないことを確認するために、眼科を受診しましょう。

飛蚊症の治療

生理的なものでは、目の形態や機能に問題はありません。
濁りは硝子体の中に存在し続けますので、以降も同様に自覚されます。
網膜裂孔の場合、予防的レーザー治療が必要な場合があります。
ある程度の広さの網膜剥離に進展した場合は手術両方以外に治療法はありません。