緑内障|富久クロス眼科|新宿区の眼科 緑内障外来 花粉症 女医

緑内障

進行性の神経障害および視野障害

緑内障

緑内障は、目の奥にある視神経が眼圧によって障害されて視野が狭くなる病気です。症状としては、見えない場所(暗点)が出現したり、見える範囲(視野)が狭くなったりします。初期から中期にかけては視力が良いので異常になかなか気づきません。そして気づいた時には、既に視野が狭くなっているケースも少なくありません。病気の進行とともに視力は低下してしまい、最悪の場合は失明を招くこともあります。

緑内障の原因

虹彩(こうさい)の裏にある毛様体(もうようたい)という組織から分泌される、栄養分を含んだ液のことを房水(ぼうすい)と言います。
この房水の出口(隅角)の障害により、眼内に房水が貯まり過ぎ、眼圧(眼球内圧)が異常に高くなることによって視神経がダメージを受けるのです。
視神経乳頭の構造が弱い人では、眼圧が正常でも緑内障を発症することがあります(正常眼圧緑内障)。

緑内障の種類

緑内障は、タイプによっていくつかに分けられます。
房水が流れにくくなる原因や場所が異なるため、治療法もそれぞれ異なってきます。

開放隅角緑内障(高眼圧タイプ)

房水の出口(隅角)の形に特に異常はないのですが、排水口が目詰まりするようになって房水が流出しにくくなり、そのせいで眼圧が上がります。多くは、自覚症状が無いままに、徐々に見える範囲が狭くなっていきます。

開放隅角緑内障(正常眼圧タイプ)(正常眼圧緑内障)

以前は「眼圧の上昇」こそが、緑内障の原因と考えられていました。
しかし、実際には、眼圧が正常であっても緑内障になるケースのあることが明らかになっています。いわゆる正常眼圧緑内障です。その数はなんと緑内障全体の7割以上を占めています。

正常眼圧緑内障は緩やかに病状が進むので、よほど悪化しないと自覚症状が現れてきません。そのため自分ではなかなか気づかず、何となく見えにくい、見え方がおかしいと違和感を覚えて受診した時には、かなり進行していたというケースがしばしばです。
そんな現実があって、最近では「40歳を過ぎたら」、あるいは「老眼が入ってきたら」、緑内障の検査を受けたほうが良い、と考えられるようになっています。

閉塞隅角緑内障

房水の出口(隅角)が狭く、虹彩の根元で塞がってしまい、眼圧が上昇します。完全に閉塞すると眼圧が急激に上昇し、眼痛や頭痛、吐き気・嘔吐を伴う発作を起こします(急性緑内障)。
この場合は、眼圧を下げる治療を急ぐ必要があります。
隅角閉塞が不完全であれば眼圧の上昇は軽いため、ほとんど自覚症状が無いままに視野障害が進行することがあります。

続発緑内障

ぶどう膜炎、増殖糖尿病網膜症、網膜中心静脈閉塞症などの疾患や、ステロイド剤の長期使用などにより、二次的に眼圧が上昇することによって発症するタイプです。
単に薬で眼圧を下げるだけでなく、根本的な原因となっている疾患を突き止め、この原因疾患に適切に対応することが重要となります。

発達緑内障

房水の排出口の発達が生まれつき悪く、眼圧が上がるタイプの緑内障です。
10歳までに発症するものを早発型、10~20歳代までに発症するものを遅発型と言います。
早発型では多くの場合、手術が必要になります。

緑内障の検査

視力検査や眼圧検査、眼底検査(目の奥にある網膜の状態を調べる)、視野検査(目で見える範囲や敏感さを調べる)、光干渉断層計検査(網膜の断面を見て、神経線維屑の薄くなっている部分を調べる)、隅角検査(眼球の水分の状態から緑内障のタイプを調べる)などが行われます。

緑内障の治療

まず、無治療時の眼圧レベルを数回測定してから薬物(点眼薬)で眼圧を下げる治療が行われます。
点眼薬には、房水の産生を減らす薬と房水の流出を促進させる薬があります。
眼圧が下がりにくい場合には点眼薬を数種類併用することもあります。
薬でうまく治療できないようなケースでは、レーザー治療や手術によって房水がよく流れるようにすることがあります。