緑内障|富久クロス眼科|新宿区の眼科 緑内障外来 花粉症 女医

緑内障

進行性の神経障害および視野障害

緑内障

緑内障は、眼圧が強く関与して視神経が障害される病気です。
症状としては、眼を動かさずに見ることのできる範囲(視野)の一部が霞み、見えない場所(暗点)が出現したり、視野が狭くなったりして、最悪の場合は失明を招きます。緑内障は日本での中途失明原因の第一位です。

ですが、初期には視野欠損がわずかで一部が霞んでいるだけです。しかも、中心視野以外から障害が始まることが多く、初期には、物の存在やその形状を認識する能力である視力は悪くならないことが多いのです。(人は黄斑という中心部で見たいものを見ているので、中心視野に障害があると、物の存在やその形状を認識する能力に大きく影響します。)さらに、両目で物を見ているとその視野欠損の部分を他方の目がカバーしたり、脳の働きが視野の全体を合成したりする補正能力が脳にはあります。さらに、中心部の視野は最後まで保たれることが多いという特徴もあります。

そのため、気づいた時には、既に視野欠損が拡大しているケースが圧倒的に多くなるのです。そして、日本では緑内障が発症しても9割が未治療のまま放置されていることが 日本緑内障学会が岐阜県多治見市で実施した40歳以上の住民約3000人への疫学調査 でわかっています。この調査では、5%が緑内障であり、うち9割は緑内障とは気付いていませんでした。

いったん発生した視野欠損を回復することは現段階の医療では全くできません。しかし現在では、緑内障の症状が起きる前である早期に検査で視神経線維の厚さを確認して、対策をすることができます。緑内障では早期の検査や診断が重要になります。

緑内障の原因

人がものを見るというのは、光が眼球に入って網膜に届き、視神経を経て脳に伝わっていることです。この視神経は生まれたときは約120万本ある視神経線維の束です。全網膜の細い視神経線維が、放射状に乳頭部分へ向かって集合しているため乳頭辺縁部は軽度に隆起しています。中央部の陥凹がみられる視神経乳頭といわれる出入り口のところで束となった視神経は、カメラでいえばフィルムにあたる 網膜に映った光を脳へ情報を伝達する電線のようなものです。

ところで、眼球には形を保つために目の中の水分である房水によって加わる圧力である眼圧があります。房水は角膜の隅にある隅角から流れ出ているので、隅角が詰まったり閉じたりして房水が流れにくくなると、眼圧が上がります。眼球をボールに例えると、眼圧は中の空気圧のようなイメージですから、眼圧が上がるとボールに空気がどんどん入ってパンパンになっていくイメージで、くぼんでいる視神経の出口(視神経乳頭)が圧迫されて陥没します。空気を入れすぎたボールだと破れて穴が開きますが、眼圧が上がった眼球では破れて穴が開くことがない代わりに、もともとくぼんでいる視神経乳頭が圧迫によって陥没するイメージです。視神経乳頭が陥没すると、そこに集まっている視神経もダメージを受けて視神経の数が減少し、網膜で集められた光の情報のうち傷んだ視神経の部分の映像は脳へ伝わりにくくなるので、その度合いに応じて眼を動かさずに見ることのできる範囲(視野)が欠けるのです。

緑内障の検査

緑内障の検査には、視力検査、眼圧検査、眼底検査、光干渉断層計(OCT)検査、視野検査、隅角検査などがあり、これらの検査の結果により、総合的に緑内障の診断をします。

眼圧検査

視神経にかかる圧力を測定します。目の表面に直接測定器具をあてて測定する方法(接触式)と目の表面に測定器具ではなく空気をあてて測定する方法(非接触式)があります。眼圧は血圧と同様に、1日のうちでも高低があり、個人差もあります。日本人には、眼圧が正常な範囲(21mmHg以下)でも緑内障を発症する人が多いことが分かっています。

眼底検査

眼に光をあてて視神経乳頭の変化をみて、視神経のダメージを調査します。視神経の眼球の出口(視神経乳頭)には小さなくぼみがあり、視神経が障害され、神経線維が死んで本数が減ると、このくぼみが大きくなったり、形が変形したりします。「視神経乳頭陥凹(かんおう)」と呼びます。

視野検査

眼を動かさずに見ることのできる範囲(視野)を調査します。機器の前に座って、小さな光が見えるか見えないかでボタンを押して視野での光の見え方を検査して、視野の欠け具合の有無や大きさから緑内障の進行具合を判定します。当院では、最新鋭機器ハンフリーフィールドアナライザーHFAⅢ を使用します。

光干渉断層計検査(OCT)

OCTは網膜を輪切りにして断面を精密に撮影して神経線維の束の視神経線維層の厚みとその分布(視神経線維層が薄いと、視野欠損の可能性がある)及び視神経乳頭の陥凹の形状を正常な人のデータと比較することで、視野変化が起きる前に視神経の損傷を詳しく把握できます。当院では、最新鋭機器眼底カメラ付き光干渉断層計Retina Scan Duo™ を使用します。

隅角検査

点眼麻酔をして、隅角鏡という特殊なコンタクトレンズを患者さんの目に押し当てて隅角を観察して、隅角(房水が眼内から出て行くところ)の広さや異常の有無を調べます。痛みはありません。

緑内障の治療

いったん欠損した視野の回復ができる治療法はありません。
治療法は、房水の流れを調整して眼圧を下げるために行われます。
当院では点眼薬での眼圧管理を行い、定期的な視野検査およびOCT検査にて緑内障の長期的な進行の確認を行います。必要な場合には 大学病院などの高次医療機関と連携 してレーザー治療や手術を行い、術後の管理を当院で行います。