メニュー

ロート クリアビジョンジュニアEX®

 「ロート クリアビジョンジュニアEX® 」は、「クロセチン」(クチナシやサフランなどの色素成分)を含有するサプリメント(クロセチン包含食品)です。

 近視進行抑制に関連する 遺伝子の一つである「EGR-1」(「early growth response- 1」)

 眼軸長の伸長が過剰になると、近視が進行しますが、眼軸長の伸長が起きるのは、主に小児期です。

 毎日2時間の屋外活動(外遊び)が近視抑制に有効なことがわかってきました。そして、屋外活動(外遊び)によって得られる「バイオレットライト」(太陽光に含まれる波長360〜400nm領域の紫色の光)が近視を抑えること、「バイオレットライト」が近視を抑えるのは、「EGR-1」という近視を抑制する遺伝子の活性化であること、がわかってきました。

出典 慶応義塾大学医学部

(「慶應義塾大学医学部眼科学教室の先行研究で屋外環境に豊富にある波長域 360-400nm の光が近視進行を抑制することを発見しました。この光を浴びると実験近視モデルで眼軸長伸長が抑制され、近視を抑制する遺伝子の一つとして知られている「early growth response 1(EGR-1)」が有意に上昇していることが確認されました(ToriiH et al. EBioMedicine. 2017)。」)

クロセチン投与は小児期の近視進行を抑制することを確認したとの発表

 クロセチンが眼軸長が伸長する小児期の眼軸長、伸長、屈折度数の近視化を有意に抑制すること、つまり、クロセチン投与は小児期の近視進行を抑制することを、動物実験ではなく軽度近視の小学生69 名で確認した、との発表があります。

「クロセチン群は対象であるプラセボ群に比べ、眼軸長の伸長が 14%抑制されるとともに、屈折度数の低下が 20%抑制され、近視進行を有意(P<0.05)に抑制する効果があることが確認されました」

出典 慶応義塾大学医学部

「増加する近視に対して新たなアプローチの可能性を示唆する新発見」-クロセチンによる近視予防法の開発に期待-(慶應義塾大学医学部)

 小学生69 名での調査であり、大規模調査による統計学的証明ではありません。

「ロート クリアビジョンジュニアEX® 」

(「ロート クリアビジョンジュニアEXⓇ」は、「ロート クリアビジョンジュニア」とは異なる医療機関専売サプリメントですが、医薬品ではありません。医薬品ではないクロセチン包含食品である「ロート クリアビジョンジュニアEX® 」には、近視進行抑制の効能表示はありません。)

ロート クリアビジョンEXⓇ(ロート製薬)

慶応義塾大学医学部の研究結果と同量の「クロセチン」7.5mgが含有されています。(1日1粒) 当院でお取り扱いございます。3240円(30粒)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME